メキシコでFX運用

メキシコ在住者 FX運用の記録公開 & 時々メキシコ情報と旅行情報

スイングトレードについて考える

スイングトレードを考えてみたいと思います。

 

スイングトレードとは数日から数週間にかけてポジションを持ち、比較的大きな利益で決済する手法です。

私はメキシコペソの中長期スワップポイントでの利益を狙っています。

しかし、4月1日から始めてやはり毎日の相場が気になっています。

中長期スワップポイントの運用なので、ちょっと客観的に相場がみれて、ふっと考えたことがあり、そのことをこれからお話します。

 

下記は8時間足と日足のチャートです。

開始した4月1日は上昇トレンドに入っていたことが分かります。

押し目があり、また上昇するといった上昇トレンドです。(白矢印)

8時間足(過去1ヵ月)と日足(過去3ヵ月)のチャートの最高値(黄色線)と最安値(青線)です。

f:id:gashiraboy:20190411061358p:plain

考察

注意)これは私の考察であって、必ず利益を出せるというものではありません。投資は自己責任でお願い致します。

①もうすぐ上昇トレンドは終わるのではないか。(最高値5.91円付近にきている)

②上昇トレンドが終わった後、下降トレンドまたはレンジ相場に入った場合でも、

 最安値5.65円を割らないのではないか。

③大きな目で見ると2週間幅のレンジ相場ではないか

このことから、

買いを狙い目にするには、5.70~5.75円で買い 5.85~5.90円で決済 損切りは5.65円を目安

※2019.4.11 5.91円を越えました。これから下降トレンドに入るか観察

売りを狙い目にするには、5.85~5.90円で買い 5.70~5.75で決済 損切りは6.10円を目安

こんな感じのスイングトレードができるのではないか。

損切り目安は、2018年の最安値5.25円 最高値が6.15円付近。その中のレンジには納まるのではないかと推測しています。

今年1月3日のショックにおいても5.25円が抵抗になってキープしていますので、結構大きな抵抗になってるのではないか。

スワップポイントが大きいので買いポジからの入りが王道だとは思いますが、2週間くらいのレンジであれば売りポジでもOKかなって思います。

f:id:gashiraboy:20190411061709p:plain

過去のデータでの考察で未来は誰にも分かりませんが、相場も人の経験からくるもので経験は過去のものでもあり、やはり過去に近付こうとするはずというのが今回の考察です。

しかし、人間、予想も知れない大きな出来事が起こったら冷静ではいられないことと同様に相場も思いがけない大きな出来事が起こった場合は過去には当てはまらなくなるということは頭に入れておく必要があります。(リーマンショック等)

やはり、そこは損切りラインを過去の結果に基づいて自動的に入れておくべきだと思います。

もう少し様子を見て、この考察に基づいて試してみようと思っています。

 

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

FXダイレクトプラス

FX取引ならヒロセ通商へ

トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

外国為替証拠金取引の外為オンライン