メキシコでFX運用

メキシコ在住者 FX運用の記録公開 & 時々メキシコ情報と旅行情報

メキシコペソ紙幣と硬貨

メキシコペソを運用中のガシラボーイです。

メキシコ在住なので普段はメキシコペソを使っています。

メキシコペソは日本同様に紙幣と硬貨があります。

 

日本の補助通貨の銭は現物貨幣は存在しませんが、メキシコペソはアメリカと同じ補助通貨が貨幣(硬貨)として現物存在しています。

紙幣

1,000ペソ 500ペソ 200ペソ 100ペソ 50ペソ 20ペソの6貨幣があります。

硬貨

10ペソ 5ペソ 2ペソ 1ペソ 補助通貨 50センタボ 20センタボ 10センタボ

 

この中で私が使用したことのない貨幣は1,000ペソ(本物はメキシコ人の同僚に見せてもらった一回のみです。)

20センタボ・10センタボ 基本お釣りは切り捨てですが、たまにお釣りでもらいますが、自分から支払いに使うことはありません。

補助通貨の50センタボはお釣りでもらうことがあります。これは、スーパーの袋入れのおじさんやガソリンスタンドのおじさんへのチップに使っています。

メキシコはチップ社会です。レストランやレストランに停める場レットパーキング等、結構なところでチップが必要です。このとき、私はポケットに20ペソ札を何枚か入れておき、必要に応じて20ペソ札をチップにしています。(アメリカの1ドル札と勝手が似ています。)カンクン等、リゾートホテルのプールサイドやビーチでドリンクを持って来てもらったときは、さりげなく20ペソ札を渡しましょう。(ベットメイキングや荷物を運んでもらったポーター・コンシェルジュ等にも20ペソ札のチップは重宝します。)ちょっと手間をとらせた場合は50ペソ札でも良いでしょう。(アメリカの場合は5ドル札なので50ペソ札はちょっと割安かな?)

 

メキシコ紙幣の注意点

1,000ペソ紙幣は、店で使おうとすると拒否されるということを聞いています。(実際に手にしたことがなく、もちろん使ったことがないので真相は不明です。)

メキシコの紙幣は日本円紙幣より1回り~2回り小さいです。メキシコで購入した財布はメキシコペソにはちょうどサイズですが、日本円を入れると少しはみ出してしまいます。

質の良い革製の財布が結構安く売っています。旅行の際、お土産として適しているのですが、注意しなければならないのが大きさで、日本円が収まるかどうか確認してから購入する必要があります。

 

メキシコ旅行するときは、特にチップについて覚えておいてくださいね。20・50ペソ札は何かと必要があります。ですので、メキシコペソに両替のときは、20・50ペソ札を多めに両替してもらうとこをおすすめします。

通常、レストランやお土産はクレジットカードが使えます。レストランのチップもチップ込みでカード払いにします。しかし、ホテル従業員へのチップは現金ですので、サービスを受けたときはお忘れなく。