メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

首脳国会議メンバーと現実GDP

首脳国会議という言葉(会議)があります。

先進国(主要国)首脳会議G7

加盟国:日本・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・カナダ

特徴:世界をリードする先進国代表選手的な存在

 

BRICS首脳会議

加盟国:ブラジル・ロシア・インド・中国・(南アフリカ←後付け)

特徴:巨大な国土面積と資源と人口を有する世界を席巻しかねない国家

ネクスト11

加盟国:イラン・インドネシア・エジプト・トルコ・ナイジェリア・パキスタン・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・メキシコ・韓国

特徴:21世紀、先進国の仲間入りが有力視される次世代の先進主要国候補の国家

 

上記3会議の国の中で、G7とBRICSは正しく世界をリードする国家の集まりに間違いは無くGDPからみても納得できる国家である。南アの後付けは除きます。ネクスト11は、果してそうなのか?

下表は2018年のGDPランキングです。上位にG7とBRICs(小さい小文字sは南アを除いています。)は上位であり結果も出ています。(南アは論外)

しかし、ネクスト11はバラツキがあり、近隣国にはるかに及ばない国もあります。

 

順位 国名 単位: 10億USドル
1位 アメリカ 20,494.05
2位 中国 13,407.40
3位 日本 4,971.93
4位 ドイツ 4,000.39
5位 イギリス 2,828.64
6位 フランス 2,775.25
7位 インド 2,716.75
8位 イタリア 2,072.20
9位 ブラジル 1,868.18
10位 カナダ 1,711.39
11位 ロシア 1,630.66
12位 韓国 1,619.42
13位 スペイン 1,425.87
14位 オーストラリア 1,418.28
15位 メキシコ 1,223.36
16位 インドネシア 1,022.45
17位 オランダ 912.9
18位 サウジアラビア 782.48
19位 トルコ 766.43
20位 スイス 703.75
21位 台湾 589.39
22位 ポーランド 586.02
23位 スウェーデン 551.14
24位 ベルギー 533.15
25位 アルゼンチン 518.09
26位 タイ 487.24
27位 オーストリア 457.64
28位 イラン 452.28
29位 ノルウェー 434.94
30位 アラブ首長国連邦 424.64
31位 ナイジェリア 397.27
32位 アイルランド 372.7
33位 イスラエル 369.84
34位 南アフリカ 368.14
35位 香港 363.03
36位 シンガポール 361.11
37位 マレーシア 354.35
38位 デンマーク 350.87
39位 コロンビア 333.11
40位 フィリピン 330.85
41位 パキスタン 312.57
42位 チリ 298.17
43位 バングラデシュ 287.63
44位 フィンランド 275.32
45位 エジプト 249.56
46位 チェコ 242.05
47位 ベトナム 241.27
48位 ルーマニア 239.85
49位 ポルトガル 238.51
50位 イラク 226.07

 ベトナム・フィリピン・パキスタン・バングラデシュは近隣国のタイやマレーシアよりも低く、50位以内でも下位に位置します。その一方で、韓国・メキシコ・インドネシアは上位に位置し、EUの先進国と言われる各国に肩を並べる位置にいます。

 ちなみに上表の順位が太文字が2019年6月に開催されるG20大阪サミットの参加国です。(EU諸国含む)

この結果と各国通貨を照らし合わせてみると、日本のFXで取引可能な高金利新興国ではメキシコが一番高く、次にトルコ、最後が南アになります。

このことからも、今後もメキシコペソが強くなる材料とみています。しかし、メキシコペソが強くなれば、高金利のうまみが無くなるため悩ましいところですね。