メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

2重の家族生活 メリットデメリット

またまた、何の脈絡も無い話を羅列します。端にも棒にも掛からない記事です。  

 

現在、私は単身赴任中です。子供が中途半端な年齢だったため家族を連れて海外赴任するという選択肢はありませんでした。

 海外赴任の単身赴任と家族同伴のメリットデメリットを書きます。私が単身赴任なので単身赴任を基準にメリットデメリットになります。

 

メリット

  • 小言を言われることがない。単身なので、好きなときに好きなものを飲み食いし、好きなタイミングで自分の用事ができる。(好きなものって言ってもメキシコは日本より選択肢が限られます。。。)これは、大きいメリットです。好きなタイミングは重要ですよ。これは、良かったと言えますね。
  • 家族の大切さが実感できる。離れていると大切さ・大事さがとてもよく分かります。たまに会うと新鮮で優しくなれます。
  • 治安の悪い国に限りますが、家族が巻き込まれる危険性がない。
  • 家族の日中のコミュニティーを気にする必要が無い。これは、少し大事かなと。家族がご近所さんと馴染めなければ孤立してしまいます。これでは、家族同伴のメリットが活かしきれません。

デメリット

  • もちろんですが、2重生活になるので生活費が掛かる。これは、大きいですよ。家族が住む住宅費。賃貸なら丸々入りません。持ち家なら住宅ローンがある家庭ならローン返済がありますが、赴任中、貸すという選択肢で費用を浮かせられます。(帰任時に賃貸だとタイミングの問題があり本当によく検討が必要です。)その他として、光熱費・保険料・携帯通信費等々結構な2重分が浮くことになります。 
  • 話し相手がいない。テレビを見ていて面白かったとき、1人で笑うしかない。共感を得ることができない。
  • 美味しい食事も共感できない。そもそも、栄養が偏った食事になりがち。
  • 体調は気遣ってますが、体調壊したときの対処が心細い。
  • 家族とのコミュニケーションが少ないまま、イベント事が進んでしまう。(高校・大学受験・就職活動)。気が付いたら、下の子供は、高校・大学受験共に日本に居なかった。上の子供は、大学受験・就活に日本に居ない。親は無くとも子は育つ。ですが、成長過程がリアルタイムで見れないのは寂しい。

と、メリットデメリット挙げましたが、何てことは無い!!ダントツで単身赴任のデメリットの方が大きいです。私の意見としては家族同伴できるタイミングと事情が合うのであれば、同伴で行くことが望ましいと思います。

これは、国内外問わずそうだと強く思います。家族の普段のコミュニティーに気を配れば同伴メリットは大きいです。参考にしてください。