メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

セントラル短資FXの魅力

今回は、セントラル短資FXの魅力について羅列します。

 私は、メキシコでセントラル短資FXで取引をしています。

セントラル短資FXは、歴史ある短資業者(合併があり発足は2001年ですが。。。)のグループ会社のFX取引業者です。

JRCの長期格付はBBB/ネガティブになっていますが、親会社のセントラル短資A-/安定的になっており、信用度は高いです。ちなみに、FX専業で格付されている業者は数少なく、2社程度です。(有名どころも格付されていません。)その点、セントラル短資FXは、第3機関の格付も確認できる点においても透明性があるといえます。

FXダイレクトプラス

 

セントラル短資FXの魅力(優位点)

  • スプレッドが狭い

FXダイレクトプラスは以前はスプレッドが広く、一般トレーダーにはネックになっていました。アクティブトレーダーは市場(インターバンク)直結型で場合によっては逆転スプレッド(マイナススプレッド)も発生するウルトラFXで取引していました。しかし、ウルトラFXは、取引通貨が少ない、取引単位が1万通貨、取引ツールが少ない、注文種類が少ない等、一般・初心者ユーザーには不向きでした。

ウルトラFXを廃止するに当たり、FXダイレクトプラスは大幅にスプレッドを縮小したので、業界最狭水準になりました。また、メキシコペソ円はスプレッド0.3銭原則固定(時間帯により広がり有り)で業界最狭となっています。(2019年7月11日現在)

  • スワップポイント

スワップポイントは業界平均水準以上にはあります。しかし、メキシコペソ円の買いについては、月平均すれば業界最高水準にあります。(2019年7月11日現在)

スワップポイントは常々変動および通貨毎に異なるため、総じて比較が難しいですがメキシコペソに関しては、常に業界トップクラスにあります。メキシコペソのスワップ狙いには嬉しいですね。

また、顧客重視とも言えます。現在スワップポイント運用しているメキシコペソで例えると、2019年7月11日現在、10,000通貨で15円が付与されています。しかし、ボーナスデーの3日分や4日分の付与のときは1円アップする場合があります。これは、1,000通貨単位で購入している私にとってはとても有利に働く場合があります。その他の業者は数日分の付与のときは下げてくることもありますが、セントラル短資FXは良心的な付与になっています。

  • 海外在住で取引できる

私が、セントラル短資で取引している一番の理由です。海外在住者(日本に住民票が無い)でも口座開設ができて、海外から入金することが出来て、取引(トレード)が出来ます。しかも、海外からの外貨入金(主要通貨)が可能です。メキシコペソはUSDを経由しての入金になります。しかも円への両替手数料が実勢レートプラスマイナス10銭という安さです。海外在住者でFXを取引する者にとって無くてはならない業者です。(海外送金だけでもお得です。下記リンクを参考にしてください。)

  • 外貨両替が可能

上記にも記載しましたが、外貨両替が可能です。日本円を外貨に両替して銀行外貨預金口座へ送金することが可能です。三井住友銀行とみずほ銀行は送金手数料が無料です。海外旅行で外貨が必要な場合、空港両替より随分お得に外貨を手に入れることが出来ます。海外旅行や海外出張が多い方には、お得です。

  • 外貨レート優遇

外貨両替専門店のトラベレックスとの業務提携により優遇レートで両替できます。USDなら優遇幅は1.50円とかなりお得です。トラベレックスは国内主要国際空港にあり便利です。

外貨両替ならトラベレックス|豊富な31通貨の両替

  • 海外から入金が可能

上記、海外在住の項目で記載しました通り、海外から外貨での入金が可能です。実際、私はこの方法を利用しています。対応も迅速で助かっています。

  • 窓口対応が親切で早い

海外への住所変更で対応して頂きましたが、メールや電話等、対応が丁寧で迅速です。このことからも顧客のことを考えている信用できるFX業者ということが見受けられます。

  • 親会社の信用度が高い

歴史ある短資業者が親会社であり信用度は高いです。

  • 口座会員(クラブオフ)特典

私は利用したことがないですが、クラブオフ会員は、ホテルやレストラン、レジャー施設などで割引になる特典があるのも意外と嬉しいものですね。

 

このように魅力が多いセントラル短資FXFXダイレクトプラス 、取引以外にも両替や海外からのお得な送金方法といった使い方もできます。口座管理料もなくて開設しておいて損はありませんよ。

FXダイレクトプラス