メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

夏場の円高(反省と考察)

今回は、FX運用をしていて反省を羅列します。

 

私はペソで給与を受け取っていますが、私が勤務している会社は、半年(4月・10月)に為替レートの見直しが行われます。この見直し時期は、3月平均レートが4月~9月に反映され、9月平均レートが10月~3月に反映されます。

 

いつも思っていたのですが、8月に円高になりペソが多く貰える(ペソ安)と思っていると9月からペソが上がってくるといったことが毎年繰り返されている気がしています。これは、3月もペソ高傾向になる気がしています。そして、12月はペソ安になっている傾向が強いです。

 

スワップポイントを狙う余りに、この傾向を無視したポジション取りをしてしまい、怖くなって、損切りしてしまいました。この傾向をもう少し冷静に先を見れば、まだ損切りするには早かったのかなと反省しています。

為替は水物ですので、9月に入り損切りしていて痛手が少なかったという結果かもしれませんが、もう少し我慢すればと反省しています。

下表のような悲惨な実績

f:id:gashiraboy:20190822030209p:plain

今は我慢のときとして、12月にはペソ安がくるとみています。(12月にUSドルに両替するときにペソ安だなぁ~っていつも感じています。)

まあ、9月は低推移してくれれば、ペソで貰う給与が増えるので、これはこれでちょっと望んでいます。それを12月に買い増しできればと企んでいます。

 

※この考察は私見であり、投資は自己責任でお願いします。

 

海外で取引可能なFX業者 メキシコペソ運用に適した【セントラル短資FX】