メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

メキシコの航空会社

今回は、メキシコの航空会社について羅列します。またまた、ただの走り書きなので気が向いたときに。。。

メキシコへの旅行計画で参考になればと思います。

メキシコには航空会社が4社あります。フルサービスキャリア(FSC)1社、ローコストキャリア(LCC)3社

(私が知っており利用経験のある航空会社が4社、他にもあるかもしれません。)

 

 

AeroMexico(アエロメヒコ)

メキシコのフラッグ・キャリアでFSCで、アライアンスはスカイチームに加盟しており、メキシコ国内の各拠点への就航と海外各拠点への就航も多く、運行便数もメキシコ最大です。

北中南米に限らず、欧州やアジアへも直行便を就航しており、日本へも成田⇔メキシコシティへの直行便を運行しています。

FSCですが、国内線は格安クラスがあり預入れ荷物の有料や座席指定の有料などLCCに似たサービス形態もあります。(その格安クラスだとLCC他社と価格が変わらないこともあります。)

やはり便数や就航都市数の関係で、私はアエロメヒコの利用が多くなります。

面白いのは、私の住んでいる地方都市の最寄空港から、リゾート地で有名なカンクンへの直行便を運行しているのは、次に説明するLCC3社でメキシコが誇るフラッグ・キャリアのアエロメヒコは就航していません。

Interjet(インテルジェット)

海外(北中南米)への就航都市数も多く、私はインテルジェットを真っ先にチェックし、都合の良い便があれば、インテルジェットを利用するようにしています。

メキシコLCC各社の中ではダントツのサービスです。国内線においても預入れ荷物のインクルーズや機内の飲み物・軽食サービス、全機体で通常機より座席数を減らして、足元のゆったりした座席を実現しています。これは、アエロメヒコより快適です。(これが私がインテルジェットを優先する大きな理由です。)

難点は、アライアンスグループへの加盟がないので、海外乗り継ぎ時にスルーができないことと、マイレージサービスがないことですね。

Volaris(ボラリス)

メキシコ最大のLCC会社(と言う噂。私はインテルジェットのほうが、チェックインカウンターをいつみても多くインテルジェットが最大と思ってますが。。。)で、機内サービスはインテルジェットと遜色ないです。

しかし難点は、オンラインチェックインをして事前に発券印刷しなければ、カウンターで発券料金が追加で必要になります。日帰りや1泊なら問題ありませんが、旅行には使い難いですね。

ボラリスは私の住んでいる最寄空港から、カンクンへの直行便を毎日運行している唯一の航空会社ですので、これは利用価値があります。

あとの難点は、インテルジェット同様、アライアンスグループへの加盟がないことですね。

VIVA Aerobus(ビバ アエロブス)

一度だけ利用しました。予約の難しさと後出し請求で、そんなに安い?って感じでしかもサービスは最低クラスなので、もう利用しません。と言いますか、旅行者が利用する機会が無いように思います。バックパッカーさんで手荷物だけ、しかも軽い荷物っていう場合のみ利用価値があるかもしれません。

 

メキシコへの旅行、またメキシコ国内の移動手段で参考になればと思い、描いてみました。