メキシコでFX運用

海外在住者によるFX運用の記録公開

メキシコのコカ・コーラ

今回はメキシコ人が大好きなコカコーラについて羅列します。毎度のことながら取り留めの無い話を綴りますが、興味のある方は見ていってください。

 

メキシコでは、休憩・食事のお供にコカ・コーラがよく飲まれます。

日本で言うところのお茶感覚と同じかもしれません。

 

実を言うとメキシコは世界一のコカコーラ消費量を誇ります。サイズも日本には無い3リットルサイズから600mlサイズまで様々に連なります。初めて3リットルサイズを見たときは『デカッ』って思った記憶があります。(今はパーティなど、皆で集まったときは当たり前なので見慣れました。)

では、何故これ程までにコカコーラが好きなのかって話しですが、メキシコ人に聞くと皆がそろって言うのは『美味しいから!!』まあ~、そういうことですね。ところで、メキシコにもコカコーラの種類はいくつかあります。Lightもあります。しかし、人気はオリジナルでこの理由も『美味しいから!!』まあ~、そういうことですね。なので、スーパーマーケットでも自動販売機でもLightに比べてオリジナルの置いてある量が全然違います。

では、生まれてコカコーラをいつから飲むのかっていう質問をメキシコ人にしてみたところ、覚えていない。これが全員でした。質問を変えて、自分の子供にはいつからコカコーラを飲ませた?って質問には、3才からって答えが圧倒でした。そりゃ~、3才なら覚えてないよなぁ~って納得です。

これだけ大好きなコカコーラ、朝起きて一杯・3食(実は4食とか5食が普通な人も多い)のお供、休憩、寝る前と常に飲んでいる感じです。

先に書きました、メキシコは世界一の消費量と言いましたが、メキシコは年間国民一人当たり237ml缶を487本消費、年間国民一人当たり115リットル越えの消費です。1日に315mlです。

メキシコで下記リンクのようにこんな記事があります。

Por qué la Coca-Cola mexicana triunfa en Estados Unidos - BBC News Mundo

 

その記事は、先程からメキシコ人がコカコーラを好きなのは『美味しいから!!』と皆言っていますが、実はアメリカでもメキシコ製のコカコーラは『美味しい』ということで人気があるようです。これは、メキシコ製は昔ながらにサトウキビの砂糖を使用しているのに対してアメリカはコーンシロップを使用していることが味に差がつくとこの記事には書いてあります。私には味の違いが分かりませんが、違うの分かるメキシコ人には『美味しい!!』んでしょうね。

 

一度、皆さんもメキシコ製のコカコーラ、試されてみてはいかがでしょう。